カテゴリー
グルメ・食品

お餅などはお正月のごちそうがいい

食文化がゆたかになっていて、お正月食品のお餅とか伊達巻なんかでも春とか秋でも買うことができたりしますね。
果物でもリンゴなどが旬時期以外でも買えたり、夏野菜でトマトとか秋にいい茄子なども冬時期にも出荷されて並んでるし。

限定期間しか食べられなかったものが一年中いつでもは良い傾向でもあるんだけど、お正月ものだけはこの時期に限定のごちそうにするのがいいな。
雑煮とかお汁粉でお餅は腹持ちもよくておやつにベストですが、しょっちゅうでは新鮮味が薄れますね、伊達巻なんかも。
蒲鉾くらいなら一般食品って感じがするのでお正月すぎてからでもいいけど、数の子やきんとんなんかはお正月がいちばんです。

一年に一度の限定期間で食べるから味とか風味がよりいいと思えるのであって、夏とか秋にお正月ものは見るだけにしときます。
ようやっと12か月すごして新年の時期、心がはずむとか華やぐのはこういうごちそうも浮かぶからなんですよね、お雑煮の具とか考えちゃいますね。

カテゴリー
グルメ・食品

販売中止のポテトチップが売れている!

専業主婦の私ですが、子供が小学校に入り少し時間ができたので、アルバイトを始めました。あるネットショップの受注データ処理のアルバイトなのですが、最近とても売れている商品があります。それはポテトチップス!取扱商品に地域限定の大袋ポテトチップスがあるのですが、大手菓子メーカーのカルビーや湖池屋が先日、北海道産のジャガイモの不作のため一部の商品販売中止を発表しましたよね。その余波は当日から始まり、いつもは一日に数件だけのポテトチップスの注文が、なんと5倍くらいに増えています。たががお菓子だと思いますが、やはりロングセラーの国民的お菓子、ポテトチップスには沢山のファンがいることが改めて実感しました。アルバイトの帰りにドラッグストアによってポテトチップスの様子を見てみましたが、やはり店頭でもポテトチップスの大袋はなくなっていて、私もつられて一袋買ってしまいました。通常サイズはなくならないようですが、思い切り食べれるパーティーサイズがなくなるのは寂しいです。ぜひ今年はジャガイモが豊作でありますように。

カテゴリー
グルメ・食品

毎日の料理は面倒でしかも野菜が食べれない家族がいると

毎日のご飯のメニューを考えるのは本当に大変だなと思っています。特に家は野菜が嫌いなのが2人いるので頭を悩ましています。火を通せば食べれるとか千切りにすれば食べれるけど菜っぱ類が食べられないとか大変だよなと段々イライラしてきます。なので味が付いている焼き肉や焼き魚を毎回買ってメニュー決めで悩む量を減らしています。あとは野菜と肉がたっぷり入ったスープや味噌汁を作ってそれでご飯作りは終わりにしています。そうでないとこれは子供は食べられるけど旦那が食べられないとかその逆もあったりして頭がこんがらがっている時間がもったいないしストレスがたまるのでもうやめました。楽する事は悪い事という人は色んな事を一生懸命頑張っているけど無理が出て必ず人に当たらないとやり場がなくなると思っているので私はその方が悪い事だと思っています。人に当たらないように自分で処理ができる人間になりたいなと思いました。そんな事をママ友に言われたので自分はこうだという考えを大事に持ちたいと思いました。

カテゴリー
グルメ・食品

簡単で美味しい生姜の佃煮

生姜の佃煮を作りました。
甘酢漬けも作って常備してありますが、個人的には佃煮の方が好きです。
生姜を薄切りにして、1度茹でこぼしてから、お酒、みりん、砂糖、お醤油で煮ていくだけです。
ごくごく薄く切るのが我が家の定番ですが、千切りでもみじん切りでも良いと思います。
家に蜂蜜が残っていたらお砂糖の代わりに入れるし、黒砂糖で作るときもあるし、割と適当に作っています。
甘辛味で少しピリッとした辛味が、炊きたてご飯にバッチリ合います。
卵かけご飯や納豆と合わせても美味しいです。
私が好きなのは、アボカドと合わせて、ご飯とともに焼き海苔で巻く食べ方です。
クリーミーなアボカドと生姜の佃煮は相性抜群で、いくらでもご飯が食べられます。
ピーマンの千切りとともにレンジでチンすれば簡単なおつまみもすぐ出来上がります。
他にも色々使えて、常備しておくと本当に便利です。
これから新生姜が出てくる季節になってきます。
甘酢漬けと佃煮、両方とも新生姜ならさらに美味しく作れます。
新生姜が出てくるのが今から楽しみです。

カテゴリー
グルメ・食品

北海道物産展で満喫

職場近くのデパートで開催中の北海道物産展に行って来ました。
地方物産展は大好きで、各地方の物産展に行くのですが、やはり王道は北海道です。
魚介系やお寿司はもちろんのこと、乳製品、それを使ったチーズやスイーツも豊富です。
豚丼やジンギスカン、牛肉など、肉類もたくさんあります。
お酒も美味しいですよね。
行く前からテンションが上がってしまい、広告を見てはワクワクしてしまいます。
試食も豊富にできるのが物産展の楽しいところですね。
今回は、まずスイーツから攻めました。
チーズケーキをいくつか試食しましたが、どれも口の中でとろけます。
次に向かったのは海鮮系です。
鮭のはらみが欲しかったので、即購入。
見るからに脂が乗っていて美味しそうです。
カニも食べたいところですが、今回は我慢です。
その他、お惣菜やらラーメンやらを一通り見て回り、ビールとコロッケを購入し、イートインコーナーでいただきました。
なぜか、ビールもいつもより美味しく感じました。
最後にソフトクリームを食べてフィニッシュです。
満足です。
ごちそうさまでした。

カテゴリー
グルメ・食品

アイスクリーム中毒

お酒が止められないとか。
タバコが止められないとか。
はたまた賭け事が止められないとか。
最悪、ドラックが止められないとか。

私はそのどれでもありません。
何故かと言うと、自分がすごく、すごーく弱い人間だと言うことを知っているからです。
一度手を出したら絶対にやめられなくなると思っています。だから、手を出しません。

と、偉そうに書いてきましたが、実はもう抜け出せなくなっています。甘い誘惑から。
これは比喩ではなく、本当に甘い食べ物がないとどうやって生きていけばいいのかわからないというくらい、大量に摂取しているのです。
甘いもののジャンルは問いませんが、最近ハマっているのが、アイスクリーム。しかもバニラ。できれば、ラクトアイスではなく、アイスミルク以上希望です。
それをカレーライスを食べるような大きなスプーンで口いっぱいに頬張るのです。あの冷たさが、口に徐々に広がる甘さが、なんとも言えない快楽なのです。
そして、やっぱり夜に食べるアイスクリームが一番美味しいという抗えない事実に、いや、抗うつもりもなく、受け入れ、今日も冷凍庫を開くのです。

カテゴリー
グルメ・食品

初めての築地場外市場

築地に近いところへ引っ越しをしたので、場外市場へ買物に行ってみました。テレビでしか見たことがなかったのですが、活気あふれる雰囲気で、すごく楽しかったです。

そして、マグロの中落ちやトロ、雲丹、いくらなどを買いました。それらを自宅へ持ち帰り、豪華な海鮮丼を作ってみました。築地で同じような物を食べるとなると、数千円はするでしょうが、おそらく3分の1くらいの値段で食べることができたと思います。

果物なども売っていましたが、割高な感じがしたので買いませんでした。無計画に行ってしまったので、今度は事前に下調べをしておいて、効率良く買物をしたいと思いました。

スーパーで見るよりも新鮮な魚介類を買うことができて、楽しく過ごせました。

カテゴリー
グルメ・食品

レシピという教科書

料理が下手な人によくある話として、レシピを見ない、見ても勝手にアレンジを加えようとする。下処理をきちんとせずに料理する、等と言ったことがあるようです。昔、日曜日の午後、町行く女性に料理をレシピを見ないでさせるという番組を見たことがあります。それを見たときは、なんてひどい料理を作るのだろうかと笑ったものですが、今になって考えれば果たして自分もレシピを見ずに作れるかは少し疑問のところではあります。名前は知っていても、作ったことのない料理はたくさんありますし、何度作ってもレシピの確認は欠かせない必須事項になっています。
だからこそ、料理初心者の人には特にレシピを見るようにと言われるのでしょう。学校の勉強だって最初に教科書を見るだろうに、料理に限ってレシピという教科書を見ずにするというのは無茶な話なのでしょう。
この場合のレシピはcookpadではなく、プロの人がつくったレシピ本だったり、NHKで放映されている料理番組のレシピ本だったりします。cookpadは一般の人のレシピなので、どちらかと言えば料理にある程度慣れた人用であるようです。ひどく便利なものなのは確かなのですが。
今度新しいレパートリーを増やしたいと考えているところ。本屋で探してみようかと考えています。