カテゴリー
その他

子供のマウンティング現象に思うことがあります。

先日、子供の学校で上靴がトイレに捨てられていたことを子供達から聞きました。それが発覚してすぐに全校集会が開かれて、校長先生より厳しく指導があったということです。上靴破棄の事件があったのは、当時3年生だった娘の学年。娘のクラスとは別のクラスで起きたことでしたが、噂によると娘と同じ幼稚園出身で、私も名前を頻繁に耳にする「Aちゃん」の上靴が捨てられたとのことでした。その名前を聞いた時、妙に意外な感じがしませんでした。なぜかというと、それは娘たちが幼稚園児時の話です。私が仲良くしているママ友の娘、BちゃんとAちゃんがよくもめているという噂を聞きました。AちゃんはBちゃんにいじめられているという噂を耳にしました。私はBちゃんのママと仲がよく、そのことを伝えるべきか悩みましたが結局伝えることができませんでした。時は過ぎて2年生になった時、再びAちゃんとBちゃんは同じクラスになりました。すると仲良くしているBちゃんのママから相談を受けました。その時は、今度はBちゃんがAちゃんから辛く当たられているという話、つまり立場が逆転して幼稚園の時にやられたようなことを逆にやり返している状況で、私は因果応報的な印象をもちました。もちろんそのママ友に今更幼稚園時代にあっていたことを話すわけにもいかず、月並みな言葉で励ますしかありませんでした。そして3年生の時に起きたこの事件。Bちゃんは再び「誰か」から上靴を捨てられる状況になったのです。もちろん上靴をトイレに捨てられたBちゃんには同情もしますし、親御さんの気持ちになれば胸が締め付けられる思いです。ですが、普段の友人関係でなにか問題があったのだと感じます。全く今まで何事もなく過ごしてきた子ならともかく、やはりそうやって成長の過程でいじめられたりいじめたりを繰り返していると、どうしても上靴を捨てたほうに大いに問題はありますが、今回やられたBちゃんにも何かしらの落ち度があったことは否めないのかなと感じています。子供のマウンティングループ、どう対処すればそれから抜け出して正常化するのか、学校やテレビで問題が取り上げられるたびに考えてしまいます。

カテゴリー
その他

幼児を巻き込んだ事件

よくニュースで、「子供を誘拐」「子供を殺害」「子供に障害」などという事件を見聞きします。
そのニュースが出るたびに「こわいな」「危ないな」とは思っているのですが、テレビを通してみているせいか、どこか他人事のような気になっていました。
所が、最近うちの近所のスーパーで、母親と子供が傷害事件に巻き込まれました。
そこは、私たち家族もたまに利用する近所のスーパーでした。
夜、スーパーで一人の女性が刃物を振り回して、近くにいた母親と子供が刺されたというものでした。
幸い、近くの店員などに取り押さえられ、被害者の命は助かりましたが、母親も、子供も傷を負いました。
犯人と被害者には面識がないそうです。通り魔的な無差別な犯行のようです。
私も小学生の子供を持つ身です。被害にあわれた母親と、お子さんが気の毒で仕方ありません。
このような犯罪が身近で起こったので、自分の子供を守らなくては!という気持ちが一層つよくなりました。

カテゴリー
その他

父が定年してから

父は1年前に定年を迎えて家で年金生活をしているのですがここ最近は外に出たくないというのを聞きました。精神病や引きこもりになったのかと心配で話を聞くと町内会に参加すれば「まだ65で若いのに家にいるのかい?私らなんてまだ働いているのに」と年配の人に言われるのが苦痛になってきて今は町内会もろくに参加しないと聞きました。家の父は家族のために一生懸命身を削って仕事をしてきた人間なので優しい性格をしているから傷ついたんだろうなと思いました。その町内が同じおばあちゃんグループは町内の中でも若い人達に負けない位の活発に仕事をしたり旅行に出掛けたりとしているような人達でした。父の事を良く知らないのにそんな事をいう人の方が問題を抱えていたり妬みがあったりするからそういう事を言うんだよという事を伝えたらちょっと楽になったみたいでよかったです。父は母も祖母も入退院を繰り返しているのを必死に支えてきた姿を見ているので町内会のその人達に対して怒りがわいてしょうがないです。

カテゴリー
その他

ガーデニングの面白さ

「趣味がガーデニング」なんて言うと、なんとなく優雅なイメージですよね。私の趣味の一つは、その「ガーデニング」なんです。しかし、私の場合は実際には、庭の手入れ及び草むしり。優雅なイメージとはだいぶ違うのが、本当のところです。ガーデニングをはじめた頃は、植木鉢に、季節の花をいろいろと寄せ植えしていましたが、だんだんと庭の木の下や花壇の隙間に生えている雑草が気になりだしました。雑草といっても、可愛い花をつけていたりするので、ただただ抜いてしまうのがかわいそうになったりして、うっかり放置したりすると、あっという間に、雑草だらけになってしまいます。いろいろと試行錯誤を繰り返し、最近私が行き着いたのは、グランドカバーを植えてしまう方法です。リトマキアシューティングスターという、ツル性の苗を買い、試しに庭の片隅に植えたのですが、ひと月ほどで、こんもりと良い感じに育ってくれて、黄色い可愛い花まで咲いてくれました。しかも、リトマキアシューティングスター近辺には、雑草が生えていないという、有難い状態になりました。かなり繁ったところから、少し株分けをして、空いている庭の一部に移植しても、わりと簡単に根をつけてくれます。これのおかげで、これからは「優雅なガーデニング」を楽しむことができそう。これから、花屋に出かけようかしら。