カテゴリー
グルメ・食品

レシピという教科書

料理が下手な人によくある話として、レシピを見ない、見ても勝手にアレンジを加えようとする。下処理をきちんとせずに料理する、等と言ったことがあるようです。昔、日曜日の午後、町行く女性に料理をレシピを見ないでさせるという番組を見たことがあります。それを見たときは、なんてひどい料理を作るのだろうかと笑ったものですが、今になって考えれば果たして自分もレシピを見ずに作れるかは少し疑問のところではあります。名前は知っていても、作ったことのない料理はたくさんありますし、何度作ってもレシピの確認は欠かせない必須事項になっています。
だからこそ、料理初心者の人には特にレシピを見るようにと言われるのでしょう。学校の勉強だって最初に教科書を見るだろうに、料理に限ってレシピという教科書を見ずにするというのは無茶な話なのでしょう。
この場合のレシピはcookpadではなく、プロの人がつくったレシピ本だったり、NHKで放映されている料理番組のレシピ本だったりします。cookpadは一般の人のレシピなので、どちらかと言えば料理にある程度慣れた人用であるようです。ひどく便利なものなのは確かなのですが。
今度新しいレパートリーを増やしたいと考えているところ。本屋で探してみようかと考えています。