カテゴリー
暮らし

あげたいものを、もらってもらう嬉しさ

私は引っ込み思案です。普段、自分から何か提案するということはあまりないのですが、衣替えの際タンスに眠っているワンピースを見つけ、ご近所さんに譲るべく連絡を取ることにしました。ワンピースは、買ったはいいけれど私にはサイズが小さくて着られないでいたものです。ご近所さんは、私のような引っ込み思案によく声をかけてくれたり、おかずを譲ってくれたりしていたので、いつか何かで御礼がしたいと思っていたのです。ほとんど着ていないので宜しければと申し出たところ、ご近所さんから是非見せてほしいと連絡が来ました。お宅に伺って実際に着てみてもらったところ、ジャストサイズでぴったり。色やデザインも嫌いじゃないとのことで、すぐにお譲り先が決定しました。ご近所さんはいくらかお金を払おうとしてくれましたが、私は提案したものを受けとってもらう嬉しさをいただいたので、お茶をして、楽しいお喋りをして満足して帰りました。ずっと着られないでしまわれているより、誰かに着てもらえたほうがワンピースも嬉しいことでしょう。ご近所さんは背が高くないので、裾をちょっと切って使うと言っていました。早く、ご近所さんのお宅のワンピースとなって私の目に触れますように。心の充実を感じた一日でした。